適切な予防シーズンに | 効果のあるフィラリア予防なら中型犬用のハートガードプラスを使おう

適切な予防シーズンに

内服薬

ペットのフィラリアを確実に守るためにも、中型犬用のハートガードプラスは非常に大切なものになります。
蚊の姿が現れ始めた時期に適切なタイミングでペットに投与することで予防効果を発揮してくれるのですが、飼い主の皆さんはフィラリアの予防シーズンについて把握していますか?
定期的に与えるのが大切であることは知っているけれど、実は適切なタイミングはどれくらいになるのかあまり詳しくない……という人もいるのではないでしょうか。
特に、フィラリアについてあまり詳しくないという人の中に、そういう人は多いのではないでしょうか。
フィラリアについて詳しい人も、そうでない人も、中型犬用のハートガードプラスを正しく使えるように予防シーズンについて知っておきましょう。

フィラリアを予防する時期は一般的に、蚊が現れ始めてから1ヶ月後の5月から蚊の姿を見なくなって1ヶ月後の12月頃になっています。
つまり、中型犬用のハートガードプラスを与え始めるのは5月頃からスタートし、完全に蚊を見なくなった12月頃に投与を終えるのが適切な与え方になります。
ですが、現在は地球温暖化の影響で冬でも暖かくなってきているため、蚊の姿を見かける時期も長くなってきているので、場合によってはフィラリア予防の時期を伸ばす必要もあります。
途中で中型犬用のハートガードプラスの投与を中断してしまうとフィラリア予防の意味がなくなってしまうので、必ず完全に蚊の姿が見えなくなってから終えるようにしましょう。